口臭原因物質の正体!

口臭の原因となる物質について解説いたします。
MENU

口臭原因物質について

 

口臭の原因には様々なものが挙げられますが、
物質的な観点で見た場合にはもちろん「食べ物」が挙げられるでしょう。

 

そもそもモノを食べただけで、その食材の
臭いが口に移って口臭の原因になる、ということは殆どありません。

 

にんにくやネギなど、臭いの強いものは
いったん胃腸におさまってから、臭いの元となっている
物質が吸収され、それが消化の過程で体内をめぐりながら、
外部にガスとして噴出されることで体臭なり口臭になっていきます。

 

これが基本的な、食べ物が原因で口臭になる場合の
メカニズムです。

 

にんにく口臭も気になりますが、これは同様の
仕組みで臭いの正体であるアリナーゼ・アリインという物質が臭いを発しているためです。

 

ですから臭いの強い物質を含む食材を食べた後は、
歯磨きももちろん大切ですが、できるだけそれらの
臭い原因物質を早めに体内から排出させる、
という方向で口臭対策を立てていきましょう。

 

同じ理由で、消化活動の不調な際にはなかなか
消化がはかどらないので、こういった臭いの強いものを
食べる場合は、しっかり胃腸を整えておく…という対策を立てることもできます。

 

また、同様に腐敗して口臭の原因となる口内に
残った物質、すなわち食べかすを歯磨きでしっかりかき出し、
口中を清潔な状態に保つことも、とても大切です。

 

このページの先頭へ